提携店舗

近隣のお店にブルーベリーなどを卸しています。

ラ・ボナス(欧風ケーキ)

茨城県土浦市乙戸686-6

月曜定休(祝日除く)

シーゲル(ウィーン菓子)

茨城県つくば市千現2-13-2

木・第1第3水曜定休

http://www.sieger-tsukuba.jp/

モルゲン(パン屋)

茨城県つくば市千現2-13-2

木曜・第2日曜・最終水曜定休

https://psj.xsrv.jp/phototsuku/gurume/pan/morgen

クーロンヌつくば(パン屋)

茨城県つくば市松野木(字中山)152-40

月曜・第3火曜定休(祝日営業)

http://www.couronne.co.jp/shop/tsukuba/

ごきげんキッチン(野菜料理)

茨城県つくば市大角豆2012-921

日曜定休(祝日営業)

ル・パン・グリグリ(パン屋)

茨城県つくば市桜2-14-5

毎月曜・第1火曜定休

​月1回不定休

https://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8000395/

ピーターパン 並木店(パン屋)茨城県つくば市並木3-26-20

ラムール(パン屋) 茨城県土浦市乙戸南3-12-12

えるふ農国(農産物直売)茨城県つくば市稲岡66-1  http://www.el-farmers.jp/

ル・クール(パン屋)茨城県牛久市ひたち野東5-34-20

https://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080302/8011240/

​出荷作物

ブルーベリーの他にも、様々な無農薬栽培の作物を出荷しています。

・主な出荷作物・

4~5月   たけのこ

6~7月   プラム

7~8月   ヤマモモ、リンゴ

9~10月 花ユズ

社会貢献活動
ごきげんファーム

障害者就労支援団体「ごきげんファーム」と「施設外就労請負」契約を締結しています。

具体的には週2~3回利用者とスタッフに手伝いに来ていただき、賃金をお支払いしています。

また、農園の作業を通じて利用者にブルーベリー栽培を体験していただいています。

ごきげんファーム  https://gokigenfarm.com/

ラポールの会(がん体験者とその家族の会)

 

農園主(野本篤志)が代表を務めているラポールの会では、毎月定例会「心癒しサロン」を開催しています。

参加者には開催後に農園に立ち寄ってもらい、四季折々の自然を満喫しながら、「園芸療法」や「森林療法」を体験していただいています。

また、不定期のイベントとして、農園での「たけのこ掘り」や「笑いヨガ」「ブルーベリー摘み取り会」などを開催しています。

がってんふくろうの郷

ブルーベリージャムの製造は、障碍者就労支援団体「がってんふくろうの郷(さと)」に受託しています。

なお、ブルーベリージャムの売り上げの5%ずつを「ごきげんファーム」と「がってんふくろうの郷」に寄付させていただいております。

執筆活動

くぬぎ野ふぁーむ農園主・野本篤志は、がん患者やその家族へのサポート活動を行っています。

・農園主の野本夫妻・

【野本篤志プロフィール】

がん統合医療コーディネーター、薬学博士。一般社団法人がん患者サポート協会理事長。

がん体験者とその家族の会(ラポールの会)代表。東京薬科大学、筑波大学大学院を卒業。

藤沢薬品探索研究所主任、同医学調査部課長、アステラス製薬開発本部内分泌領域プロジェクトリーダーを歴任後、母の2度目のがんの体験を機に会社を退職。

NPO法人やラポールの会を立ち上げ、「自分の健康は自分で守ろう! 取り戻そう! 」を合言葉に、統合医療の普及や生活習慣病予防の啓発活動、がん患者やその家族へのサポート活動を行っている。

<著書>

『がんが自然に消えていくセルフケア ―毎日の生活で簡単にできる20の実践法』(現代書林)

『家族のケアでがんは消える―患者を生還に導く48の智恵』(遊タイム出版)

『がんを自分で治したい人のセルフケア実践ノート』(プレジデント社)

『がんを味方につけた生き方』(太陽出版)

 http://soudan-gan.com

  • Facebook Social Icon

Atsushi Nomoto  Facebook

  • Instagramの社会のアイコン

Atsushi Nomoto  Instagram

kunugino-farm since 2010

​くぬぎ野ふぁーむ 〒300-0844 茨城県土浦市乙戸803 【開園時期】6月下旬~9月上旬